胸が小さいのは親の遺伝が関係していると勘違いしている

こんな事になやまされた事はありませんか?

胸の大きさって遺伝に関係がある?

胸の大きさは遺伝性はない

胸の大きさは遺伝性?

遺伝性というのは、確かにあります。
見た目であったり体型というのは遺伝性が出てきます。

 

約30%〜40%が親の遺伝があります。
でも、胸の大きさだけはどうやら違うようなんです。

 

胸の遺伝性はあまり関係という事です。
胸の大きさに関係あるのは、「女性ホルモン」と「バランスの良い食事」です。

 

この2つの事をしっかりしないといけません。
特に、まだ成長期の人は、過度なダイエットをする子もいるのでそれはストレスを溜めて女性ホルモンをの分泌を悪くしますし、食事制限でしっかりたんぱく質を取る事ができないわけです。

 

すると、胸に脂肪が付きにくくなってしまうから胸が小さいわけです。

女性ホルモンが重要

女性ホルモンが胸と大きく関係する

女性ホルモンの重要性とは?

女性ホルモンは、胸の大きさに大きく関わってきます。

 

エストロゲンとプロゲステロンという女性ホルモンがしっかり分泌される事によって女性らしい体つきになります。
胸や太もも、腰回りに脂肪が付きます。

 

女性の3分の1の人が女性ホルモンがしっかり分泌されていません。
今、胸が小さい人は女性ホルモンが分泌されていない可能性が高いわけです。

 

逆に言えば、女性ホルモンをしっかり分泌させる事ができればバストアップが期待出来ます。

 

この女性ホルモンを分泌させるのが、大豆イソフラボンであったり、キャベツに含まれているボロンです。

 

しかし、大豆イソフラボンでは効果はあまりなく胸が大きくなるだけの期待ができません。
また、キャベツに含まれているボロンも女性ホルモンを活性化させる事が出来ます。

 

ただ、キャベツを食べるときは、生で食べましょう。
熱調理をしてしまうとボロン成分が壊れてしまいます。

 

正直、この2つともそこまで胸を大きくさせる効果がありません。
結局、プエラリアミリフィカが一番いいわけです。

プエラリアミリフィカが有効

プエラリアミリフィカはバストアップサプリとして最高

プエラリアミリフィカの効果とは?

プエラリアミリフィカは、エストロゲンという女性ホルモンを分泌させる事でバストアップを計るものです。
胸を大きくしたいなら大豆イソフラボンではなくプエラリアミリフィカを摂取するようにしましょう。

 

プエラリアには、落とし穴があってプエラリアにはたくさんの種類があります。
その中でもタイ産のもののみ胸を大きくさせる効果がある事が分かっています。

 

正直、市販で売っているプエラリアが本物かどうかが分かりませんし、良質な物でない可能性があります。

 

プエラリアにはランクというものもあってより質が良いものをがいいわけです。
だから、プエラリアは信頼できるメーカーから購入する事が大切です。

 

テレビでも紹介されたピンキープラス
テレビでも紹介された良質のプエラリアミリフィカ

 

プエラリアミリフィカは色々な種類がありますが、テレビでも紹介されたのがこのピンキープラスです。
グラビアやモデルの人も使っている人が多いんですよ。